2016年7月11日 (月)

おじいちゃんはテーラー

母から聞いた話です。

私の祖父は、洋服の仕立屋=テーラー だったそうです。

祖父は、残念ながら、私の生まれるずっと前に亡くなってしまい、直接お話を聞くことができませんでしたが、母から聞いた事を、そのまま語ろうと思います。(その私の母も、20年前に逝去しているので、記憶を元に書かせていただきます)

<オーダー・メイド>

私の祖父は、大阪で「舟津洋服店」という店を構えていて、オーダーメイドのスーツや、コートを仕立てる仕事をしていました。

時は 昭和初期…

(ぐらいかな?母からは「昔」とだけ聞いていました)

この時代の日本では、洋服といえば、仕立て屋に作らせるのが、ごく普通のことだったそうです。

当時はまだまだ、着物を着ている人が多く(私のお婆ちゃんは私が産まれたあとも、着物を着ていました)、

洋服を着る人も、いたのはいたのですが、大抵は職業柄、そういった洋服を着なければいけない人だったり、よそ行きの服として使われたりです。

スーツは売っているのを買うのではなく、自分用のを作る。のが常識でした。

それに、現代において、オーダー・メイドの服は、めっちゃ高級品というイメージがありますが、当時の注文服は、それほど贅沢な品でもなかったそうです。

むしろ、スーツを着る時に必ず必要な、革靴。鞄のほうが値が張ったりしました。

<馬仲間>

おじいちゃんがテーラーとして活躍していた戦後、日本では、着物→洋服にシフトチェンジする人が増え始め、洋服の需要は右肩上がりに。おじいちゃんは、お客に困らず、豊かな暮らしをしていたそうです。

そんな、おじいちゃんの趣味は馬。よく猟銃を携えながら、愛馬に乗って狩りをしていました。

当時、おじいちゃんには、同じく馬の好きな友人が2人いたそうです。

一人は、お名前なんだったか忘れてしまいましたが、もう一人は、樫山さんという、おじいちゃん以上に、馬が好きな人で、樫山さんは競走馬も何頭か所有していました。

この3人組は、馬仲間というだけでなく、3人とも同じテーラー、洋服の職人で、、話が合い、親しい間柄だったと聞いています。

<樫山さん>

馬仲間であり、テーラー仲間のひとり、樫山さん。

樫山という名前、どこかで聞いたことはありませんか?

オン○ード樫山。

今や、知らない人はいない、洋服の最大手メーカーです。

いや、若い方の中には、聞いたことないという人も、いるとは思いますが、

「23区」「組曲」「自由区」「ICB」「TOCCA」「ANA SUI]

よく目にするブランド

これらみな、オン○ード系列のブランドです。

オン○ード樫山、その創始者が、おじいちゃんの馬仲間のひとりである、樫山さんでした。

<既製服>

当時、テーラーとして、各々別々の店をかまえ、注文服を作っていた3人でしたが

ある時、樫山さんがこう提案しました。

「一緒に、既製服をやらないか?」

海外では、とっくに大量生産の既製服が標準化している。

日本では、軍服以外の既製服はまだ浸透していないが、洋服を着る人が増え続けている今、これをやれば、爆発的に売れるだろう。

コストも格段に安い。これからは既製服の時代だ!と。

<職人気質>

このときの、樫山さんの読みは見事的中し、大成功を収めた訳ですが、

私のおじいちゃんは、樫山さんの「既製服」の誘いに対して、激怒したそうです。

「そんな大量生産の、どこぞの針子が縫ったかわからん切れ端に、お客の袖を通す気か!?」

「テーラーとしてのプライドっちゅうもんがないんか!?金儲けのために、俺は服を安う売るつもりはない!!」

根っから職人気質の、おじいちゃんは、樫山さんのお誘いを断り、仲違いしてしまいました。もう一人のお仲間さんは、話に乗ったか乗らなかったのか、今ではわかりません。

古臭くて頭の堅い、私のおじいちゃんとは違い、樫山さんは先見の目があり、柔軟な考えの持ち主だったのでしょう。樫山さんは、競走馬の馬主でもありましたから、挑む、ということにワクワクする人だったのかも知れません。あくまで想像ですが。

<手を…>

こうして、既製服派の樫山さんには背を向けて、昔どおりの仕立て服をコツコツ作り続けたおじいちゃんなのですが、

ある日、大きな出来事が起こりました。

馬に乗り、いつもの猟銃狩りに出かけたところ、手元の銃が誤って、持ったままの状態で暴発してしまったのです。

この日、おじいちゃんは片手を失いました。

職人にとって、大事な、大事な、商売道具である腕を。

<たられば>

腕をなくして、仕事をすることができなくなった、おじいちゃんは。

テーラーとしての人生を、諦めるしかありませんでした。

おじいちゃんは、洋服店をたたみ

故郷の石川県小松市から、大阪に出てきて銭湯を経営する人が多かったので、そのつてで、大阪市内に「白山湯」という銭湯を開いて暮らしました。

家族からは

「あのとき樫山さんの話に乗っていたら良かったのに!」

と、ブーイングの嵐だったようですが、

あとの祭りです。

これを書いている私としても

「じーちゃんがこの時、ビッグウェーブに乗っていたら、今頃ウチ大金持ちじゃない!?超有名人じゃない!?」

と、一介の「庶民」としては「もったいない!」という感想しかありませんが、

歴史に、たられば、はありません。

それに、もし、おじいちゃんにその気が少しでもあったならば、手を失ったときに、お風呂屋業界ではなく、真っ先に樫山さんを頼っていただろうと、思います。

<高度経済成長期>

その後、おじいちゃんは、私の母がまだ中学生ぐらいだった頃に、亡くなりました。

職人として、人生を全うできなかったのは、悔しかったと思います。

母は娘一人だったので、洋服屋の後を継ぎませんでしたが、

もし、男の子がいれば、おじいちゃんの失った腕の代わりに、働いていたのかな、なんて思ったりしますが、これも想像の域を出ません。

日本の高度経済成長期を前に、

大量生産の波に乗って資本を築く道と、職人肌のまま生き続ける道の、分岐点に立たされた仕事人は、洋服に限らず、あらゆるジャンルにおいて、大勢いたのではないかと思います。

おじいちゃんのような例も、この時代では「ままあること」でしたのでしょう。

「舟津洋服店」は、街の小さな店として生涯を終え、もう知る人もいません。

私の手元には、当時おじいちゃんが洋服に使っていた

古い、スナップボタンが遺っているばかりです。

Image

 

|

2015年9月24日 (木)

ドイツについてのどうでもいい話

みなさん、こんにちは(=゚ω゚)ノ

最近、というか近年ブログをぜんぜん更新していないので、何か書こうと思いました。

が、これという話題が思いつかないので、ふなママと、おとーさんの、どうでもいい会話を載せてみました。

お題は「ドイツ人」について。です。

左のグレー色のふきだしは、おとーさん。

右の青色のふきだしは、ワタシのセリフです。


Image

Image_2

Image_3

Image_4


Image_6


Image_7


Image_8


|

2015年6月 9日 (火)

うちは割と広めの庭があるんですが

Image

草生え放題。


Image_2


立ち枯れた木。


荒れ果てた広野のよう、あまりにもお庭が可哀想だったので、花のひとつでも植えることにしました。


私は、ガーデニングというものがメチャメチャ苦手です(´・Д・) 野生児で育った割には、手に土が触れるのが大嫌いで…全然きれい好きでもないのに。
(どうも皮膚感覚がおかしいらしく、料理のときも肉が素手で触れず、パンやハンバーグのようなコネコネ作業は地獄すぎてやったことありません…)


ちょっとだけ、がんばってみよう。

Image_3

とりあえず、花屋に行ってみた。

しかしーーー

どれを買ったらいいのか…

これといって好きな花はないので、どれでも良いといえばどれでも良いような。しかしどれでも良いと言われるとどれを選べばいいのか。

イカン、頭がゲシュタルト崩壊してきた。

Image_4



悩むこと一時間…

やっと買えた。これだけで5千500円もした。高っ!

Image_5


よし。植え作業しよう。

いやああああああ!土、嫌ぁぁい!軍手してても土の感触がぎゃあああおえーーー!!!

苦行の末。


Image_6


センスねえwww

なんかカエルの墓みたい…

もう少し華やかさがほしいと思い、後日買い足しました。


Image_7


こっちの店は安かった。これで850円。

カラフルで可愛いな。

再度、植え替え苦行。ぎああああああえあおああ…!


Image_8


あまり変わらなかった orz

いささか中途半端感が半端ない(国語的におかしい表現)ですが、もう土いじりは当分しないでしょう。

(T ^ T)


| | コメント (0)

2015年5月 8日 (金)

母の日

今週は母の日。

真ん中のハレ太郎から、サボテンのプレゼントをもらいました(*゚▽゚*)


Image


添えられたメッセージは…

Image_2


「お母さん まだまだ 生きていてね^-^」


なんか既に寿命の心配されとる!!!


息子曰く

「このサボテン大切に育てるから、サボテンが枯れないうちは 元気に生きててね!」


うん。サボテンもお母さんも、長生きできるように頑張るよ〜f^_^;)

| | コメント (0)

2014年12月31日 (水)

明けましておめでとうございます2015

Image


新年、あけましておめでとうございます。

今年もふなママ一家のブログを宜しくお願い致します。

〜近況〜

ふなママ…相変わらず自宅警備員な毎日ですが、寝込む頻度も減り外出もかなり出来るようになりました。

おとーさん…歳なので体力は低下、体重は上昇ぎみ。最近はアプリゲームをやりながらアニメを見るのと読書を同時進行するのがマイブームらしい。

長女…旧年中は中学二年生をいかにも中二らしく過ごしてきました。そろそろ高校受験を意識して勉強…?まだ早いかな。

長男…ゲーム実況動画がを見るのが唯一の生き甲斐。従順な弟を使役しており「お茶汲み」などをやらせている。

次男…春から新一年生。精神年齢は3歳児並みだけど、普段兄に使われているだけあって、何かと器用。


ではでは、繰り返しになりますが、今年も我が家を宜しくお願いします。

2015年 初春

ふなママ一家 一同

|

2014年10月26日 (日)

姫路市学童美術展に出展されました!

夏休みの宿題で描いた 長女りゅーちゃんの絵が

Image_2


Image_3

第68回 姫路市学童美術展 に出展されました。

Image_4


続きを読む "姫路市学童美術展に出展されました!"

| | コメント (0)

2014年10月11日 (土)

幼稚園さいごの運動会

先々週のことになりますが、末っ子の幼稚園の運動会がありました。

Image

末っ子は来年 小学生になるので、幼稚園さいごの運動会となります。

と共に、3人の子を持つ我が家にとって、幼稚園での最後の運動会です。

我が家の子供達がお世話になったのは「真愛幼稚園」という兵庫県姫路市の私立幼稚園。

Image_2

http://shinaikinder.jp

今は中学生になった長女の頃から数えて、今回でじつに9回目の運動会を迎えることに。

この幼稚園は、駐車場がほぼ完備されているため、行事の際はとても助かりました。保育士の方々も明るく元気な先生ばかりで、とても良い幼稚園だと思います。

運動会は終わってしまったけれど、行事はいつも見応えがあるので、どなたでも物見がてら覗きにきてみてはいかがでしょうか。

なんか幼稚園の宣伝みたいになってしまいましたが(笑)真愛幼稚園さまにお世話になるのもあと半年です。卒業までヨロシクお願いします☆

続きを読む "幼稚園さいごの運動会"

| | コメント (0)

2014年9月29日 (月)

運動会ラッシュ

秋です。

秋といえば運動会。

我が家の3人の子供達は、中学校、小学校、幼稚園とまあ、上手い具合に年齢がバラけてくれているので、3回あるんです運動会ハイ。;^_^A

Image

(※画像はイメージです。)


先々週から中学、小学、そして今週末は幼稚園。

上手い具合によく晴れてくれるので、暑いです。

普段運動していないせいか、学校まで歩いていくまで精一杯という感じで、子供より自分の運動会みたいな気がしなくもないんですが、お弁当は大概おとうさんが作ってくれるので、出発ギリギリまで寝てたりします。

運動会といえば、演技が始まるとまず

ウォーリーを探せ!

我が子を探せ!

我が子をビデオに!

ですよね。我が家も昨年までは、そんな感じで必死で子供を探してたんですが、要領の悪い親なもんで、見つけた頃にはダンス終盤〜(´・_・`)

な事が多かったので、今年は最初から諦めて全体を観るようにしました。

足並み揃えて踊る子供たち、格好良かったです。陣系移動も凝っていて、先生方えらい工夫したはるんやな〜。有難いな〜。と新鮮な思いで観ることが出来ました。

今まで、自分の子しか見てなかったのは、少し勿体なかったかな。

|

2014年5月27日 (火)

亡き骸

昨年の10月から飼っていた、黒猫の「黒姫ちゃん」が 今朝亡くなりました。

リンパ腺の腫瘍によるものでした。

黒姫は、元々 姫路城の周辺にに住み着いていて、昨秋の台風の日に死にそうになっていたところ、動物ボランティアの方に保護されていた猫です。

その時期、私は猫が飼いたくて里親募集のサイトを探していたところ、そんな黒姫に出会いました。


猫は犬より長生きする動物で、長いと20歳ぐらい生きます。

私はもし仔猫を譲り受けたら、自分が60歳になるまで、責任を持って育てられるか自信がなかったので、なるべく高齢の猫を探していました(引き取り手も少ないでしょうから)


黒姫の年齢は、元野良猫のため正確な年はわかりませんが、少なくとも10歳以上だと獣医さんが仰っていました。

長年付き合うのは無理だと、解った上で飼い始めたのですが、こんなに早く逝ってしまうとは。

黒姫は抱っこされるのを嫌がる、少し愛想のない猫でしたが、弱り始めてから初めて、大人しく私の膝の上に座ってくれるようになりました。

それからは、膝の上に乗せてもらうのが気に入ったようで、ゴロゴロ喉を鳴らして喜んでいました。


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ちゃんとしたスキンシップが、とれるようになったキッカケが、不治の病だったなんて、皮肉なものですね。


黒姫、今までありがとう。

Image


|

2014年4月25日 (金)

ぼっち

大人になってできた 知り合いに

「わっ私、小中学校のとき根暗で友達いなくて…てへへ」

と白状すると、かなりの高確率で

 

「あ〜。何かわかるわ〜。そんな雰囲気するわ!」

 

と返事が返ってきます。

(;-ω-)ノ おいっ。

そこは嘘でも

 

「ええーっ!?こんなに明るいふなママさんが!?ウソ信じられない 意っ外〜!」

 

とか言うてくれっ。

ヽ(;´3`)ノ

 

私、そんなに「ぼっち」※ の匂いするんかなァ (゚ー゚;

(※ぼっち=ひとりぼっち。クラスでどのグループにも入れず、ポツンと1人でいる女の子のこと。)

 

Image

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

続きを読む "ぼっち"

|

より以前の記事一覧