« 写真を壁に貼ろう! | トップページ | ごんべさんの赤ちゃん »

2014年3月17日 (月)

自己流のどぬ〜る

最近、

脱ひきこもり

を心がけているせいか

人ゴミに遭遇する機会が増えました。

すると、時々痛くなるんですよ。

喉が!

( ゚Д゚)y~~

 

熱が出るよりも

中途半端に咳が出たり

喉が痛くなるのは

とても鬱陶しいので

 

喉が少しでも ヒリッとし出したら

一秒でも早く対策をとります!

 

ということで 

私がいつも行っている

対策方法を紹介します。

 

〜自己流:のどぬーる法〜

市販の

のどぬ〜るスプレーや

塗るタイプの

のどぬ~るを使っても

いいのですが、

量が少ないので、ウチでは

イソジンを使っています。

<用意するもの>

◆イソジンうがい薬

◆綿棒

◆あれば手鏡

Image

(ガラガラ♪イソジン、ジン♪)

Image_2

(綿棒は長いやつがオススメ)

 

①まず、綿棒の先をほぐて モフモフにします。

Image_3

 

②次に、イソジンうがい薬を綿棒に染み込ませます。

ボトボトになるくらい、しっかり浸します。

Image_4

 

③軽く息をしながら、アーンと喉を全開にします。

 

④鏡で確認し、

腫れてるところに直接

イソジン原液を、塗り塗りします。

 

腫れてるところは、結構しみます。

それを利用して、しみる所を探し

膿をはがすカンジで

塗り込むと良いでしょう。

 

慣れたら、鏡がなくても

出来るようになります。

 

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

この方法で、いつも3時間後には

痛みは取れちゃいます。

ただ、喉のかなり奥に塗るので

オエッ! とはなりますけどね(^_^;)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

イソジンは本来

薄めてうがいをするものですが

予防には効果があれども

一旦腫れ出すと

やっぱパンチが弱いです。

 

原液を直接塗ることで

高い殺菌効果が期待できます。

最大のポイントは

痛みのある箇所に、確実に塗り込む!

です。

 

市販のものでも

自己流のものに関しても

とにかく、とにかく、

患部にピンポイントで

塗らなくては意味がありま千円っ。

 

喉の奥のくぼみとか

喉ち〇この裏とか

濃い〜い原液を塗りたくって

丁寧に殺菌しましょう。

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

※ごちうい! 

塗り塗りしている最中に

喉をゴクンとすると

綿棒があらぬ所に

入ってしまうので

綿棒の根元を

をしっかり持って

加減しながら

行ってくださいね。

また、

お子さんには絶対に

しないでください。

誤飲の原因ともなりますので

危険があぶないです!

 

どうぞご注意お願い致します。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

|

« 写真を壁に貼ろう! | トップページ | ごんべさんの赤ちゃん »