« タブトラッグス活用法 | トップページ | 中西和久「ピアノのはなし」 »

2010年6月25日 (金)

ベビー服・子供服のたたみ方

ビー服、子供服って、形・サイズがまちまちで、収納に困りませんか

この夏場なんかだと、一日に何度も着替えるので

出し入れの回数も多いし

子供もタンスの中をイタズラするわで

衣替えしたばかりの頃は

ちゃあんとお行儀よく収まっていた筈の服が、

気がつけばゴッチャゴチャ

そういう奥さんは私だけでしょうか

洗濯は好きだけど、たたむのが大キライです、私。

たたみ終わった服をタンスにしまう作業が

これまたメンドクサイ・・・

高く積み上げたTシャツを蕎麦屋の出前さながら左手に持ち、右手には靴下の束を、小脇にパンツ類をはさみ、引き出しへと運ぶ途中で

 「おかーさーん、抱っこ

子供にすがりつかれ・・・玉砕

もーいやだそんな訳で、いつもソファの上には

洗濯物の山ぁっ(#°ω゚)!

しまいには、子供服はタンスに収まる間もなく

干した物をそのまま着せ、それをまた洗濯し、また干して着て・・・

これぞ、洗濯物のエンドレスワルツですよ。

これでも過去には、イロイロ頑張ってみたこともあるんですよ。

100円ショップで収納グッズを買ってみたり、

牛乳パックで仕切りを作ってみた~り。

でも続かなかった・・・

 

そこで思いついた子供服・ベビー服の収納方法をご紹介いたします。

今回のポイントは、衣服を「わ」に畳むことです。

ひょっとしたら、あんまり特別な畳み方ではないのかも知れません

うちは昔からこういう畳み方をしてまして・・・収納テクってほどではないかな

まあいいや とりあえずコチラ。

まずは初級編

Rt1

 

<Tシャツのたたみかた>

 

 

 

 

 

 

Rt2

 

左右を真ん中に折る

 

 

 

 

 

 

 

Rt3

 

下の部分を折り上げる

 すると、

 折り上げた部分が袋状

 なっている筈です。

 

 

  

Rt4

 

さっき折り上げた下の部分の中に

 上の部分を入れ込む 

  

できあがり 

 

  

 

次は、上級コース 赤ちゃん服のたたみ方。

赤ちゃん服は、曲線縫いが多い上にホックがついてたり、なかなか畳み方がむずかしいですね。でも、こんな服でも「わ」に畳めばスッキリすると思います。

B1_4

 

<ロンパース>のたたみかた

 

 コツはたったひとつだけ

 それは、

 

 

 

B2

 

まず一番最初

下部分を折り上げておく

ことです

 

 

 

   

B2_2

 

こうすることで底辺が直線状になり、

あとは上のTシャツと同じ要領で

「わ」に畳むことができます

 

 

 

 

B3

 

左右を真ん中に向けて折り

 

 

 

 

 

 

B4

 

下の部分を折り上げます

 (ちょっとゴワゴワしますが

 気にしない、気にしない

 

 

 

B5

 

上の部分を、さっき下から折り上げた部分に

 よいしょ、よいしょ

 入れ込んでフィニッシュ

 

 

 

最初はやりにくいかも知れませんが、慣れると手が勝手に動いてくれます。

の入れ込む作業は、奥の角に生地を押し込んでいくようにすればキュッと締まっていい形になりますよ。

Baby1  

こういう赤ちゃん下着も同様です

パンツやズボン、ハンカチなどなど、

この法則でやれば、あらゆる種類の服が

「わ」

にたためる、と思います。

フード付きの衣類の場合は

最後にフードの中に服全体を入れるようにするとキレイです。

Horikomu_3

あとは、「○○ちゃん専用」

のカゴや箱、また左のようなタブストラッグスを用意しておき

(←赤い彗星はハレ太郎専用)

ポイポイと投げ入れるのもよし。

玉入れ感覚で投げ入れていくと、地味に楽しいです。

ひとつ、ひとつがコロコロしているので、服の種類かまわず放り込んでいても、パッと取り出せますし、服選びのときに中身を引っ掻きまわしても形状を保ったままです

|

« タブトラッグス活用法 | トップページ | 中西和久「ピアノのはなし」 »

コメント

はじめまして子育て1年生です

これからやっと衣替えに入ろうと山積みになった服たちをみて手が止まってしまいました(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
ベビー服のたたみ方ってそもそもどうしたら~と思ってココにたどり着きました
早速、ふなママさんのたたみ方を実践します
ありがとうございます

またお邪魔させていただきま~す

投稿: ゆかっぺ | 2011年6月 3日 (金) 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タブトラッグス活用法 | トップページ | 中西和久「ピアノのはなし」 »