« 東京ディズニー・リゾート | トップページ | 私をコミケに連れてって♪ »

2007年5月24日 (木)

黒井健さんと ごん

今月20日、姫路文学館http://www.city.himeji.hyogo.jp/bungaku/)で 絵本イラストレータの黒井健さんの講演会があったので、聞きに行って参りました。 

今回の講演は、特別展「新美南吉”ごんぎつね”の世界」の記念企画として行われました。

ごんぎつね Book ごんぎつね

著者:新美 南吉,黒井 健
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

絵本「ごんぎつね」はいろいろなイラストレータさん が描いたものが、数多く出版されていますが、最も作品の内容に沿い、そして沢山の人に愛されているのが 黒井健さんの「ごんぎつね」。 

↑よく売れている本なので、たいがいの本屋さんで見ることができます。まだ読んだことのない人は、ぜひ手にとって、表紙を近くで見てみて下さい。そして、そっと開いて中を覗いてみて下さい。さあて、何が起こるかお楽しみ♪ とにかく心を動かされること間違いナシ。

 

黒井健さん ☆☆DATA☆☆

ころわんちょろわん Book ころわんちょろわん

著者:間所 ひさこ
販売元:ひさかたチャイルド
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新潟県出身の絵本イラストレータ。色鉛筆をオイルで伸ばすという独特の技法で、ふんわりと優しいタッチの作品を生み出している。今でも続いている ころわんシリーズ(作:間所ひさこ/ひさかたチャイルド)は 目にしたことがある方も 多いのでは。数ある作品の中でもごんぎつね(作:新美南吉/偕成社)は、健さんご自身も認める傑作中の傑作。要するに必見ということデス!

ふなママ、黒井健さんのイラストは大好きなんですが、お顔を拝見するのは初めて。じつは、同じくイラストレータをやっている友達の「くぼりえ」ちゃんが、健さんにお会いしたことがあるとのことで、ミーハーにも事前に、

「どんな方なの~?」

と聞いたりしてました。くぼちゃん曰く、

「凄く 渋くて ダンディー」

 

はにゃ!? だ、ダンディ・・・・・・・・?

健さんの描かれるカワイイ画風と あまりにもつながらないので、どんな方なのかイメージできぬまま、会場に。そして、健さん登場!

 

長身で肌は浅黒く、白いジャケットに黒いシャツ。グラスにちょっと色が入ってる?そして口ヒゲ(遠目で見えないが)。そこには確かに「渋くてダンディー」なちょい悪オヤジがいたのでした(健先生スミマセン)。

しかし、ひとたび喋り始めると、とても気さくな方で、所々笑いをとる場面もあり、こんなことも仰ってました。

「どうして、こういうカワイイ絵が こんな背の高い おっちゃんから出てくるのか、自分でも思います(笑) ・・・性格が カワイイからですかね(照)」

自覚症状ありだったんですね(笑) ていうか、こんなカワイイおっちゃん初めて見ました(絵本界の神様に何てことを言う・・・)。これはもう、

ちょいワル というより、ちょろわん ですね(イラスト界の神様に何てことを言う・・・)。

 

なんだか、行数がかさばってしまったので、講演の内容(※)が 書けなくなっちまいました(あれだけメモしたのに・・・)が、またの機会にアップします。 ※健先生の名誉のために断っておきますが、講演会は至極 真面目で身のある内容でした。 

 

☆☆特別展「新美南吉ごんぎつねの世界」は~6月17日までやってます。姫路近郊にお住まいの方は、ぜひどうぞ。絵本「ごんぎつね」の貴重な原画18点 が展示されています!

 

☆☆そして、黒井健 先生にお会いしたい方、はコチラ。

黒井健「絵本ハウス」 http://www.kenoffice.jp/

先生がアトリエにおられる日付をチェックして、手土産とサイン帖を持ってお伺いしましょう♪

|

« 東京ディズニー・リゾート | トップページ | 私をコミケに連れてって♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京ディズニー・リゾート | トップページ | 私をコミケに連れてって♪ »