« 芋は入れる派? | トップページ | アニメのだめ »

2007年1月15日 (月)

掃除機革命

新年早々掃除機がぶっ壊れてしまいました(。。;)年末年始で出費がかさんだところに予定外の支出!かなり痛いですが、掃除機だけは生活必需品なので買わなければ、どうしようもありません。ちくしょ~!掃除機なんて買い替えるつもりなんてなかったのに・・・ぶつくさ言いながら、すぐさまヤ○ダ電機へ向かい、新しいのを買ってきました。

サンヨー製 SC-XW55H 

(\38,800-)

なんせ気のすすまない買い物なので、ろくに選びもせず「売れ線のものでいいです」と言って買った訳ですが、これがけっこう売れているようでした。私の前のお客さん、またその前のお客さんもこれを買っており、次々と箱がなくなっていきます。値段は特に値切った訳でもないので、安かったのかどうかはわかりません。

使い心地については↓↓↓をクリック。これから掃除機を買う予定の方は、どうぞご参考に

 

さて掃除機、買い替えるつもりがなかったとはいえ、前の掃除機には多少不満がありました。

Furuisoujiki今までは右のような手元にダストカップのついたサイクロン型を使用していたのですが、このダストカップが失敗でした。天井やエアコンなど高いところを掃除するとき、ゴミが逆流するような気がしてちょっとヤな感じ。実際逆流はしないものの、カップの入り口付近にゴミが溜まって詰まり、カップを外したときにバサバサーッ!とこぼれ落ちてくるのが嫌でした。

サイクロン掃除機に共通して言えることは、カップのゴミを捨てるときに塵が舞ってしまうことではないでしょうか。そのためあえてゴミパックにこだわって使っている人もいると聞きました。

 

Paka1今回買ったサンヨーSC-XW55Hも一応サイクロンなのですが、ちょっと変わった特徴があって、

ちり紙がゴミフィルター

なのです。私も最初は「は?」と思いましたが、左の写真のようにフィルターにティッシュをはさんでおくと、大きなゴミはティッシュのところで止まり、ダニやミクロの埃はさらに奥の細かいフィルターがちゃんとキャッチしてくれるという、2段階のフィルターになっているのです。

Paka3ティッシュも意外と目が細かくて、通常の埃ぐらいはティッシュの手前に溜まります。捨てるときは、このティッシュごとポイッという訳です。そのとき埃がたたないか?といえば、やっぱり多少たちます。

 

Filter_1  なのでふなママ(私)はゴミを捨てるとき、新聞紙をひいた上にダストカップを置き、その上空50センチのところでファブリーズか霧吹きを上に向かって(※)シュッとひと吹きします。上から霧が落ちてきている間にフィルターを開け、そ~っとティッシュを四隅から畳んでゴミを包みます。あとは新聞紙ごと丸めてポイします。

※ここで気をつけなければいけないのは、ゴミに直接霧吹きしないこと。かえって埃が散るしフィルターも必要以上に濡れてしまいます。

こんな労力を費やしたくない、やっぱりゴミパックがいいという場合、この製品はなんとゴミパックの使用もできるという親切設計です。備え付けのダストカップの代わりに、市販のゴミパックを装着するだけ、それだけです。

 

またこの製品は吸い込み口(名称がわからない)がひと味違います。

Pitari① まずは、写真のような壁面の立ち上がり面に吸い込み口を密着させると、先がL字型に折れ曲がり、角にフィットします。これで、端っこの吸い残しがなくなるというわけです。

Kaidanmigi これを利用すると、掃除機だけでは難しかった階段掃除がきれいに仕上がります。また、首が横に45度曲がるので、右端、左端を吸うとき、わざわざパイプを真横に向ける必要がなく使いやすいです。

 

②また、フローリングモップでよくあるようにパイプと吸い口がとフラットになるため、

Sukima  

にすればキャビネットの下にもぐり、

 

 

Tatesouji  

にすれば細いすきまに入ります。

 (この状態でもちゃんと吸えます)

 Heri

 

こういう壁際の下にある木の上の細い部分が、掃除機でお掃除できるのは便利かもしれません。

 

 

ここまででも便利だなあ。と感心してしまうのですが、最後にもうひとつ

 

クイックルワイパーが使える(ドライタイプのみ)

 

という機能があります。「床ふき」というモードがあり、これを使うとクイックルワイパーをつけて床ふきと同時にゴミが吸える、らしいのです。まだ実際に使ったことありませんが、ヤ○ダ電機の店員さんが実演していた様子がすごかったです。

クイックルワイパーを床に広げて掃除機でシュポッと吸い込むと、それだけでワイパーシートの装着完了!吸い口の裏を見ると、回転ブラシにクルクルと上手にクイックルワイパーが巻きつけられてます。このワイパーが回転ブラシとともに回りながら汚れを拭き取ってくれるのです。すごい、ゴシゴシも掃除機がやってくれるのは楽だー。

 

長くなってしまいましたが、他にも回転ブラシに糸が巻きつかないとか工夫いっぱいで気合いの入った製品でした。消費者のかゆいところに手を伸ばそうとする企業さんの努力と奇抜なアイディアに感服いたします。

まあ、前の掃除機が壊れて良かったとまでは言わないけれど(^^;)

|

« 芋は入れる派? | トップページ | アニメのだめ »

コメント

新しい掃除機いいですね~。私も読んでいてこの機種が欲しくなってしまいました(^_^)
うちの掃除機は実家で使っていたお古で、もうかれこれ7年以上ものの紙パックなんです。
これがまた、なかなか壊れないので買い替えのタイミングを逃してるんですが、最近の掃除機って便利な機能が満載なんですね~。ビックリです。

投稿: 弟の嫁 | 2007年1月16日 (火) 09:51

いい掃除機ですね~
パパのところにも一台ほしいです。
掃除大変だもんね

角にゴミが溜まってると嫌ですからね
取りたくてしょうがない

いい掃除機買ったね

投稿: ヨシパパ | 2007年1月16日 (火) 12:50

>弟の嫁さま
まーくんのHP見ましたよ♪なかなかの力作で。

家電て、買い替えたいときには壊れてくれなくて、お金がないときに限って壊れちゃうんですよね・・・先月は洗濯機が壊れたばっかりだったのに・・・(T0T)

>ヨシパパさま
掃除機は毎日使うものだからねー。うちはチビちゃんが何でも拾って食べちゃうので、小さなゴミも見逃せません。

投稿: ふな | 2007年1月18日 (木) 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芋は入れる派? | トップページ | アニメのだめ »