« ふるさとは旭区 | トップページ | ひーちゃんのテディベア2 »

2006年7月 7日 (金)

ひーちゃんのテディベア

Hiteddy 今朝、押入れを整理していたらコロンと一匹のテディベアが出てきました。「おおクマくん!ここにいたのか~」 このクマくんは、今から4年前、ひーちゃんというダウン症女性から頂いたものです。さをりという生地を、自ら機織り(はたおり)して作ってくれた、ひーちゃんの力作です。

ひーちゃんは私の4歳年下で、言葉がうまく話せないため、電車で姫路市内にある作業所へ通っています。私が事務のパートをしていた頃、行きの電車が同じで、なんとなく一緒に座っていくようになり、気がつくと私達は友達になっていました。私にとっては、姫路へ来て初めてできた友達です。

ひーちゃんは音楽が好きで「竹内まりや」や「宇多田ヒカル」「平井堅」などのCDを持ってきては私によく見せてくれました。私が鼻歌で歌ってあげると、ひーちゃんは「その歌好き!好き!」とでも言うように、笑顔で応えてくれるのでした。

 

◆つづく◆

|

« ふるさとは旭区 | トップページ | ひーちゃんのテディベア2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふるさとは旭区 | トップページ | ひーちゃんのテディベア2 »